医療専門学校で視能訓練士を目指す! - 医療専門学校で医療資格を目指す!

医療専門学校・医療系大学・医療系短大の検索なら

医療専門学校で視能訓練士を目指す!

視能訓練士は国家資格です。

医療専門学校を卒業後に挑戦できる資格の一つです。耳慣れない資格ですが、注目の資格です。

視能訓練士は医師の指示のもと視機能の検査を行い、斜視や弱視といった障害がある人に対して、機能回復のための訓練や治療に携わる仕事です。

こうした視機能の回復訓練は長期間にわたる場合が多く、きめ細やかな対応が要求される。視能訓練士になるには国家試験に合格する必要があるが、1971年の国家試験スタート以来、累計合格者は6000名強。

高齢社会を迎え、視機能障害者が増加している中、有資格者の不足でニーズアップの注目資格です


視能訓練士
国家試験の受験資格
大学入学資格があり、文部科学大臣指定の学校または厚生労働大臣指定の視能訓練士養成所において3年以上、視能訓練士として必要な知識および技能を修得した者。また、大学などにおいて指定科目を修めたうえで2年以上修業し、かつ上記の学校・養成所で1年以上学んだ者など。

視能訓練士の合格率は96.10%
※第35回視能訓練士国家試験(2005年実施)


活躍の場は、眼科診療や検査設備の整った総合病院や大学病院、眼科医院など。このほか各種福祉施設に勤務する。医療従事者のなかでは、比較的夜勤の少ない職種でもある。

医療専門学校を選択肢の一つといて考えている高校生の方。
どんな分野を目指すか迷っている時は、色々な資格の資料を一括請求してみてはいかがでしょうか。
《高校生注目》入試・出願時期到来!【リクルート進学ネット】で情報集め!

視能訓練士

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療専門学校検索

過去問無料サイト

無料会員登録で、Web上でセンター試験の過去問や模試を受けることができます。

Copyright © 医療専門学校で医療資格を目指す! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます