医療専門学校で保健師を目指す! - 医療専門学校で医療資格を目指す!

医療専門学校・医療系大学・医療系短大の検索なら

医療専門学校で保健師を目指す!

保健師は国家資格です。

医療専門学校を卒業後に挑戦できる資格の一つです。

保健師は保健所などで乳児検診などさまざまな健康診断を行ったり、個々の家庭を訪れて、健康上のアドバイスをしたりする資格です。

乳児から老人までが対象となるので、社会の中で果たす役割も大きいです。最近では在宅ケアをする老人が増加し、それとともに経験豊富な保健師の需要が高まっています。

看護師が主に病気の治療をサポートするのに対して、保健師は病気予防の立場から、人々が健康な生活を送れるよう指導を行います。保健所・保健センターなどにおいて、集団検診や母子保健活動、高齢者のケアなどに従事するほか、事業所で働く人々の健康管理なども担っています。看護師の免許(または受験資格)を取得したうえで、保健師養成所などで学ぶ必要があり、医療全般に関する幅広い知識と技術が求められる国家資格です。

保健師国家試験の受験資格


看護師国家試験に合格した者または看護師国家試験の受験資格を持っている者で、文部科学大臣の指定した学校において6カ月以上、保健師になるのに必要な学科を修めた者。あるいは厚生労働大臣指定の保健師養成所を卒業した者など。


保健師の合格率


保健師の合格率は81.50%
※第91回保健師国家試験(2005年実施)

保健所・保健センターが主な働き場所。
このほか、保健福祉関連施設、医療機関、一般企業・事業所などで働く。

医療専門学校に行って、医療現場で働きたい方の選択肢の一つです。



保健師<国>の資格の取れる専門学校
お近くの専門学校、大学名を選んで、
まとめて資料請求ができます

タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療専門学校検索

過去問無料サイト

無料会員登録で、Web上でセンター試験の過去問や模試を受けることができます。

Copyright © 医療専門学校で医療資格を目指す! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます