医療事務を通信教育で取得 - 医療専門学校で医療資格を目指す!

医療専門学校・医療系大学・医療系短大の検索なら

医療事務を通信教育で取得

医療事務のお仕事について


医療事務といえば人気の通信教育で取れる資格ですが、どのような内容のお仕事をするのかご存知ですか?

病院で診療が終わったあと、精算のために待ちます。
この時、診察で医師の行った診療に基づき、医療保険の支払い機関に提出する書類を作っているのです。
この書類は診療報酬明細書(レセプト)といい、医療事務の方が作ります。
診療報酬明細書(レセプト)は診療費や薬代を法規に則って点数化するものですので、複雑で専門的な計算が必要とされます。

医療事務に必要とされるのは、計算能力はもちろんの事、事務能力も要求されます。
コンピューターを使う仕事が多くなりますので、コンピューターの知識があると就職にも有利です。

結婚後の就職先として人気


医療事務の資格は国家資格ではありません。

医療事務関連の資格は団体の公的資格がいくつかあります。

(財)日本医療教育財団の「医療事務技能審査試験」


30年以上にわたる歴史を持つ試験であり、年間の受験者が5万人〜6万人の、医療事務関係で最大規模の試験です。

(財)日本医療保険事務協会の「診療報酬請求事務能力認定試験」


レセプト業務の能力を判定する検定試験で特に実務経験のある人に人気の高い試験す。

それぞれに医科と歯科があり、試験は学科と実技が行われます。

このほかにも、「医療事務管理士」「医療秘書技能検定」などがあります。

子育てが終わって、働きたいと思ってもなかなか条件にあった仕事は見つからないものです。

そんな時、非常勤やパートとして医療事務は結婚や出産後の再就職先として人気の職種です。

受付を任される場合も


小さなクリニックなどでは、医療事務の他に受付を任されることもあります。
患者さんとの対応があります、対人スキルのある方が就職にも有利でしょう。

医療事務を通信教育で取得


医療事務を独学で学ぼうと思っても、本屋さんにある参考書を見ても、実際の試験の対策としては、心もとないものです。

各種通信教育の資料をよく読んで見ることで、目指す資格はどれがいいのか、どのぐらい勉強すれば良いのか、具体的にわかってきます。
資料請求は、どこも無料ですので少なくとも3社ぐらいの資料を取り寄せて、よく読んで見ることをオススメします。

2級医療事務技能審査試験を目指します。
医療事務+ドクターの事務補助の資格も取得できる「メディカルドクターズクラーク講座」


通学(スクーリング)講座はこちら

どこも名前を聞いた事のある大手の会社運営ですので、しつこく電話がかかってきた事はありませんでした。




タグキーワード
| このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

医療専門学校検索

過去問無料サイト

無料会員登録で、Web上でセンター試験の過去問や模試を受けることができます。

Copyright © 医療専門学校で医療資格を目指す! All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます